神戸市須磨区・垂水区・西区・北区の新築建売の仲介手数料無料・半額の物件レポート

神戸市須磨区・垂水区・西区・北区の新築建売の仲介手数料無料・半額の物件レポート

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入するはこちら

神戸市北区・神戸市須磨区・神戸市垂水区・神戸市西区神戸市中央区・神戸市長田区・神戸市灘区・神戸市東灘区・神戸市兵庫区の新築一戸建ての購入は、アーバンサイエンスで、仲介手数料無料・半額で購入できます。最近、増えている仲介物件の新築建売は、購入時、仲介手数料が発生します。実は、スーモやホームズで掲載している新築建売の多くは、直売ではないためスーモやホームズの物件情報の情報元の会社に問い合わせると、正規の仲介手数料(売買価格の3%+6万円+消費税)が確実に必要になります。しかし、割引を謳っている会社に問い合わせして購入すると、仲介手数料無料・半額もしくは割引で同じ物件を購入することができます。諸費用は、どの会社でも同じと思っている方は多く、新築建売購入時、お得に購入できる会社があることを知らない方も多くいらっしゃいます。不動産の購入は、人生で何回もないため知らないだけで不動産流通の仕組みが理解できていると、それだけで数百万円得することができます。

ハートフルタウン神戸市垂水区山手新築一戸建て

神戸市の新築一戸建、建売住宅を仲介手数料無料・半額で購入できる仕組み

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入するはこちら

仲介手数料無料・半額の仕組み

新築建売.comでは、売主分譲会社から仲介手数料がきっちり支払われる場合、仲介手数料は無料、支払われない場合、半額となります。

仲介手数料無料・半額対応エリア

大阪府全域

吹田市,豊中市,箕面市,池田市,茨木市,高槻市,摂津市,大阪市(北区-中央区-西区-浪速区- 港区- 此花区-淀川区- 西淀川区- 東淀川区- 東成区- 天王寺区-住吉区-大正区- 旭区-福島区- 都島区- 城東区- 生野区- 阿倍野区- 東住吉区-鶴見区- 平野区- 住之江区-西成区),堺市( 中区- 東区- 西区- 南区- 北区-美原区),枚方市,交野市,寝屋川市,門真市,守口市,東大阪市,大東市,四條畷市,八尾市,岸和田市,三島郡,島本町,泉大津市,和泉市,高石市,泉北郡,忠岡町,貝塚市,泉佐野市,泉南市,阪南市,泉南郡,柏原市,富田林市,河内長野市,松原市,羽曳野市,藤井寺市,大阪狭山市,南河内郡,太子町,河南町,熊取町,豊能郡,能勢町,豊能町等

兵庫県

川西市,伊丹市,宝塚市,尼崎市,西宮市,神戸市(北区-須磨区-垂水区-中央区-灘区-西区-東灘区-兵庫区-長田区),芦屋市,明石市,相生市,赤穂市,揖保郡太子町,小野市,加古川市,加古郡稲美町,加古郡播磨町,加西市,加東市,川辺郡猪名川町,篠山市,三田市,高砂市,たつの市,丹波市,西脇市,姫路市,三木市等

奈良県

奈良市,生駒市,大和高田市,香芝市,大和郡山市,上牧町,王寺町,広陵町,河合町,天理市,橿原市,桜井市,五條市,御所市,葛城市,宇陀市,生駒郡平群町,生駒郡三郷町,生駒郡斑鳩町,生駒郡安堵町,磯城郡川⻄町,磯城郡田原本町等

京都府

京都市(伏見区-南区-上京区-中京区-下京区-北区-右京区-西京区-左京区-東山区-山科区),宇治市,城陽市,向日市,長岡京市,八幡市,京田辺市,木津川市,亀岡市,大山崎町,精華町等

滋賀県

大津市,草津市,守山市,野洲市,湖南市,栗東市,近江八幡市等

和歌山県

和歌山市,海南市,橋本市,有田市,御坊市,紀の川市,岩出市等

現在、新築一戸建て(建売住宅)は、販売元(売主)である分譲会社は、自社で営業マンを雇うとコストが高く経営効率が悪いため、自社の販売部門を持たず、直接販売しない形態が多く、企画に特化し、仲介会社に販売活動を依頼して販売を行っています。
パワービルダーの飯田グループ等では、自社の営業マンに支払う人件費や販売費・広告費を削減し、徹底した経営管理を行い低価格を実現しています。そして土地の仕入れが完了するとすぐにレインズに登録します。
そのため、新築一戸建ての仲介に入ってもらった仲介会社に仲介手数料を支払う必要があるのです。

諸費用はどこでも同じではありません。

どの仲介会社で新築一戸建てを購入するかで、同じ物件を購入したとしても100万円以上差がつく可能性があります。

新築戸建ての物件情報を送るだけで仲介手数料無料になるかをお調べします。
不動産検索サイトSUUMO・HOME’S・at home ヤフー不動産等、他の不動産会社のホームページ、ポストにはいっていたチラシ、オープンハウスなどで見つけた全ての新築一戸建てが対象です。お気軽にお問合せ下さい。

問い合わせは非常にシンプルで簡単です。物件情報のURLを張り付けてLINE・メールで送るだけ。

神戸市垂水区の概要

垂水区は神戸市の市街地の西端に位置しており、東側には須磨区、北側は西区、西側は明石市にそれぞれ隣接しています。区内の地勢は、塩屋谷川、福田川、山田川などの谷筋とその間に広がる丘陵地で形成されており、ほとんどが住宅地です。かつては、各河川の流域に集落が散在する小村でしたが、戦後、急速に都市化が進み、昭和30年に5万人だった人口が、40年には10万人、50年代には20万人と急増しました。現在は約21万人で、神戸市全人口の約14%を占めています。

区内の交通機関は、海岸線を東西に走るJR、山陽電鉄のほか、バス路線が垂水・舞子・朝霧の各駅前から、そして、これらの路線は市営地下鉄とも区内を縦断するかたちで連絡しています。また、平成10年4月には明石海峡大橋が開通し、淡路や四国と陸続きとなり、人や文化・経済の交流拠点として大きく発展していくことが期待されています。

垂水は畿内と山陽地域を結ぶ要衝の地として古くから開け、五色塚古墳や大歳山遺跡などの史跡が各地に点在しています。また、海岸沿いには東から平磯海づり公園、垂水スポーツガーデン、平磯芝生広場、垂水漁港、マリンピア神戸、アジュール舞子、舞子公園などがあり多くの人に親しまれています。

一方、垂水駅前では、公共施行の再開発ビルとして、レバンテ垂水1番館から3番館とウエステ垂水が完成し、東西には駅前広場がオープンしました。平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災では、垂水のまちも大きな被害を受けました。この震災の経験を生かすとともに、区の特性や課題をふまえて、魅力と活力に満ちたまちづくりを目指して、1996年に「区別計画」、2005年に「区中期計画」、を策定しましたが、これら2つの計画は2010年で期限を迎えました。

そのため、少子高齢化の進展や地域を取り巻く課題に対応するため、2011年に区計画「たるみっこプラン」を策定し、区の将来像である「住みたい 住み続けたいまち 垂水」の実現に向け、区民のみなさんと一緒に取り組んでいきました。

そして、2016年に新たに2020年度までの区計画を策定しました。若い世代の移住・定住を推し進め、住んでよかったと思える「住のまち」を目指すとともに引き続き「住みたい 住み続けたいまち 垂水」の実現をめざします。

垂水区HPより

参考:神戸市垂水区HPはこちら

神戸市須磨区の概要


須磨という地名は、六甲山系の西端、鉢伏山・鉄枴山が海に迫る平地のすみで、畿内の西すみに位置するため「すみ」がなまって「すま」になったといわれています。

須磨は、古い歴史を持ち、阪神・淡路大震災による壊滅的な被害から復興した既成市街地と、住宅や公園・公共施設などが計画的に配置され、調和のとれたまちとして昭和40年代から入居が始まったニュータウン、都市近郊に今も田園風景を残す農業地域、これらの地域を森・川・海が包み込むように構成されています。

区内には白砂青松の須磨海岸や須磨アルプス、妙法寺川などの身近な自然環境がまちに隣接し、源平合戦や源氏物語などの歴史、文学を語る史跡、名所がいたるところにたたずみ、古から風光明媚な住みよい土地柄としても知られています。


また、須磨には白砂青松の須磨海岸と須磨海浜公園、須磨浦公園、武庫離宮跡として知られる須磨離宮公園、日本最大級の広さを誇る「ほっともっとフィールド神戸」や「ユニバー記念競技場」などがある神戸総合運動公園、奥須磨公園、須磨寺公園など美しい公園が数多くあり、広く市民の皆さまに親しまれています。

区のおいたち

須磨は、昔、八部郡須磨村と呼ばれ、妙法寺・多井畑・車・白川・東須磨・西須磨・大手・板宿・西代・池田の10か村を含む大きな村落でした。明治29年に武庫郡に編入され、明治45年に須磨町となった後、大正9年4月に神戸市に編入され、昭和6年9月に区制が敷かれて須磨区になりました。

昭和52年6月には名谷団地を垂水区から編入し、須磨区役所北須磨支所(福祉事務所、保健所の支所も併設)を開設しました。昭和60年2月には、神戸総合運動公園、神戸流通業務団地を垂水区、西区から編入しました。

須磨区役所 HPより

参考:神戸市須磨区役所HPはこちら関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入するはこちら

仲介手数料の仕組みは?いくらかかる?

仲介手数料とは、不動産の売買契約が成約したときに、仲介を行った不動産仲介会社に支払われる成功報酬です。 売買仲介手数料は、法律でその金額の「上限」が定められており、以下の通りの計算になります。また、上限金額ではありますが、業界内では、正規手数料という認識で、割引するという発想はあまりありません。  

税込の売買価格が

  • 200万円以下の物件…売買価格の5%+消費税
  • 200万超~400万円の物件…売買価格の4%+2万円+消費税
  • 400万円超の物件…売買価格の3%+6万円+消費税

新築一戸建てを購入する場合、建築費や土地の価格から考えても400万円以下で取引されることは考えられません。したがって、一般的に新築一戸建ての仲介手数料は売買価格の「3%+6万円」+6万円となります。

不動産仲介会社は不動産を売主より委任・依頼を専任で受けると、不動産流通機構(通称レインズ)に登録する義務が発生します。仲介会社は必ず、毎日レインズの動きを確認をしながら紹介するための物件収集を行ったり、親しい新築分譲会社へ問い合わせを行い、情報交換を行います。

レインズとは宅地建物取引業法に基づき、国土交通大臣の指定を受けた流通機構で、業者だけが利用できるネットワークです。レインズで、収集した物件情報を買い手に紹介して、契約が成約すれば仲介手数料が発生することになります。営業マンをかかえていない新築分譲会社もこのレインズの土地を仕入れると、登録していきます。その登録をみて仲介の営業マンが販売活動を行っていきます。

新築一戸建て仲介手数料無料のカラクリ

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入するはこちら

不動産取引には、両手取引片手取引が存在します。仲介手数料を無料にできるのは、両手取引の時です。新築一戸建ての場合、売り手である分譲会社から、仲介手数料がでることがあり、両手取引になる新築建売が存在します。

関連記事:新築一戸建て建売住宅のムダな諸費用を削減したい!節約できる3つの費用とは

【両手取引】 売り手に入る仲介会社と買い手に入る仲介会社が同じでつまり1社が売り手と買い手の両方から仲介手数料をもらえるのが両手取引です。この場合、売り手である分譲会社が直接レインズ登録を行います。通常不動産仲介会社は、この両手取引を狙って新築一戸建てを売ろうとします。

【片手取引(分かれ)】 片手取引は、分かれともいわれます。売り手の仲介会社買い手の仲介会社が違うケースがこれにあてはまります。つまり2社が不動産取引にかかわります。この取引は売主側に仲介不動産会社がいて、その会社が売り手から仲介手数料をもらい、レインズなどにより物件情報を取得した買主側の仲介不動産会社が別にいて、その会社は買い手から仲介手数料をもらう形で1つの不動産取引で2社以上が取引に関与している状態の取引です。新築一戸建でも仲介会社が分譲会社のかわりにレインズ登録をする場合、この片手取引になります。どちらかというと、一般的には土地や中古戸建てや中古マンションなどの取引に多い取引形態です。

『仲介手数料無料!』というとたまに、ビックリする方がいますが、仲介不動産会社にとって「かなり無理をしているのでは?」と思う方もいらっしゃいます。

しかし、新築一戸建ての場合、両手取引の物件を片方だけ無料にしているだけなので、特別なことをしている訳ではありません。本来、両手取引になり売り手と買い手の両方から仲介手数料をもらえるにもかかわらず、片方からだけもらうことにしているだけに過ぎません。

仲介会社の売り上げになる仲介手数料ですが、その経費のほとんどが、広告費人件費です。この広告費と人件費を両手取引を前提としてビジネスモデルを組み立てると当然、仲介手数料の割引が難しくなります。

多くの不動産仲介会社は毎週、週末に新聞折込広告をうちオープンハウスをおこなったり、スーモやホームズ等のポータルサイトに物件情報を大量に掲載して反響を取っていくビジネスモデルです。オープンハウスを行うと人件費がかかりますし、ポータルサイトに広告を大量に広告を掲載すると多額の広告費が必要になります。最初から片手のビジネスモデルで人件費と広告費を組み立てることにより、仲介手数料の割引が実現できます。

回収のためにムリな効率の悪い営業を強いることになります。

一般的には、大量に広告宣伝費を掛けて集客を行っている会社が多いです。その広告費の資金回収のために営業マンが毎日お客様へ電話掛けをしたり、夜にお客様のご自宅にアポなしで突然伺ったり、チラシのポスティングを行いガツガツいくのが不動産会社のありふれた日常です。当社では少数精鋭で広告費等の経費についても徹底的に削減して仲介業務をこなしています。

関連記事:【不動産業界の裏側】ポータルサイト(スーモ、ホームズ)の仕組みを徹底解説 仲介手数料とポータルの関係は

仲介手数料の値引き・無料交渉はできるのか?

スーモやホームズのポータルサイトで物件情報を見て内覧や申し込みをする際、多くの方は、物件情報に掲載されている会社にそのまま問い合わせることが多いですがその場合、正規の仲介手数料を請求されるのが一般的です。

スーモやホームズで多数掲載している業者は、反響単価や成約単価が高い場合、1件成約するのに広告費50万円以上かけているケースもあります。不動産会社は、仲介手数料による収入を広告費や人件費や事務所の維持費などの経費に充てていて、両手取引が前提で広告費・人件費をかけていると仲介手数料の値引き交渉は厳しくなります。基本的には、大手の場合、仲介手数料の値引きはNGですが、中小の会社の場合、無料にはならないかもしれませんが、仲介手数料の値引きに応じてくれる可能性はあります。  

しかし、確実に仲介手数料を無料・割引を期待する場合、スーモやホームズの物件情報の情報元の会社に問い合わせる前に、「仲介手数料無料や割引」を前提にビジネスを展開しているところに問い合わせする方が確実にお得に購入できます。

割引の可能性はあっても、交渉そのものが煩わしいと考える方は特に最初から割引を謳っている所に問い合わせするのがベストです。

また、注意点として、仲介手数料のために別の仲介会社に変更する話をすると必ずもめたり、トラブルになることがよくあります。

関連記事:新築一戸建(建売)の仲介手数料は無料・値引きできるの?仲介手数料の値引交渉の注意点とデメリット

「仲介手数料無料・割引」の会社を利用する

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入するはこちら

なぜか、 仲介手数料無料で多くの新築戸建てが購入できることも、広くは知られていません。

ネットを検索していると不動産会社のWebサイトなどで、「仲介手数料無料や割引」を謳っている不動産会社をみかけます。両手取引を前提として、売主からの仲介手数料を収入源とし、買主には仲介手数料を無料にしています。  

こうした不動産会社を利用すれば、新築戸建て物件の多くは、交渉せずに仲介手数料無料・割引で購入できるのです。 

同じ物件を購入するのにも、どの仲介会社を通して購入するかで、仲介手数料の金額は違い、諸費用が大きく変わります。注意点とすると、仲介手数料が安いからといって、案内してもらった業者と違う業者で購入すると、タイミングによってはトラブルになる可能性があります。

関連記事:新築一戸建購入で仲介手数料などでトラブルになる可能性あり! トラブルを防ぐ方法とは?

仲介手数料無料のデメリットとは?

まだまだ認知されていないところはありますが、新築建売を仲介手数料無料で買うのが当たり前になりつつあります。認知されていない理由として、不動産取引自体は、人生において何度も経験することではないので、不動産流通の仕組みが理解されていないことにあると考えられます。

そもそも新築一戸建てには、売主物件仲介物件があります。売主物件の新築一戸建てとは、営業マンをかかえて直売している物件です。それに対して仲介物件の新築一戸建てとは、自社で営業マンをもたず企画に特化して、販売は仲介会社にまかせている物件のことです。

関連記事:新築戸建て建売住宅購入時の仲介手数料が無料になる?売主物件と仲介物件の違いとは!

関連記事:なぜ仲介会社が新築物件を仲介するのか?新築戸建を仲介手数料が無料や割引で購入するために知っておくべきこと!

最近では、営業マンをかかえて販売すると営業マンの人件費や販売広告費が多額にかかりリスクがあるので、リスクを避け合理的な事業展開をするために直売する業者は年々少なくなり、仲介物件の新築一戸建てが増えています。

関連記事:新築一戸建を購入時、仲介手数料が必要な物件がほとんど!仲介手数料が不要な新築が少ないのはなぜ?

売主物件の仲介手数料無料のデメリットとは

売主物件の場合、営業マンを養うための価格や広告費が値段にのせられているので仲介物件の新築一戸建てと比較して価格がかなり割高になっていることがデメリットとしてあげられます。そのかわり、直売なので仲介手数料は無料で購入することができます。

売り切らないといけないので、営業マンはムリな営業をしがちで、ゴリ押し営業になりがちです。

関連記事:新築戸建を売主から直接買うと仲介手数料は無料で、お得なのか?

仲介物件の仲介手数料無料のデメリットとは

仲介物件の仲介手数料のデメリットとして、すべての物件を取り扱えるわけではないということです。また、取り扱いができるとしても片手取引になれば、無料にすることはできません。

年々、企画に特化したパワービルダーが幅をきかせ、両手取引になる新築一戸建ては増えてきています。日本最大の飯田グループ(傘下に、一建設、飯田産業、アイディホーム、アーネストワン、タクトホーム、東栄住宅等)の物件は、売主直売ではありませんが仲介手数料無料・半額のビジネスモデルの会社からであれば無料で購入することができます。しかし、普通の仲介会社から購入すると、成約価格×3%+6万円に消費税が請求されます。

当社で仲介手数料無料のメリットは「仲介手数料無料+ローン事務代行手数料無料」で3000万円の新築の場合100万円以上安く購入できることです。

関連記事:新築戸建て購入時に、仲介手数料無料の不動産会社だと落とし穴あるのか?

さらに、お得に購入するためには、仲介手数料等の割引だけでなく、物件そのものの価格の交渉をして、トータルでコストを下げるために動いていくことが大切です。

仲介手数料無料で購入したり、仲介手数料割引で購入する注意点として、2023年4月からスーモで仲介手数料の割引・無料の文言の記載がOKになったため、客引きのために、仲介手数料無料・割引の文言を使う業者もでてきていることです。そのため、仲介手数料以外の適当な項目を作り別で回収しようとしている業者も存在します。その多くは、ローン事務代行手数料等の名目が多いのですが、加えてよくわからない適当な項目で請求していることがあります。諸費用の明細をもらい必ずチェックする必要があります。

関連記事:新築一戸建の値引きの相場とは?価格交渉の方法とタイミングの重要性を徹底解説!中古物件の値引相場と比較!

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

新築一戸建て 建築・購入

貝野 勝弘をフォローする
代表者紹介
貝野 勝弘

【業界経験】不動産業界23年目です。
マンションデべロッパー、大手仲介会社(住友)、大手建売会社(飯田グループ)を経ておりますので、マンションから土地・戸建・収益まで納得いく選択をサポートします。生涯のパートナーを目指して頑張ります。

貝野 勝弘をフォローする
アーバンサイエンス

コメント

タイトルとURLをコピーしました