【新築一戸建て建売購入】完成後・決済前の内覧会って何するの?内覧の流れと見落とせない不具合とは

未分類

【新築一戸建て建売購入】完成後・決済前の内覧会って何するの?内覧の流れと見落とせない不具合とは

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入するはこちら

新築一戸建ての内覧会(立ち会い)でなにをする?

新築一戸建ての内覧会は、購入した新築一戸建てが完成した時、かつ、引き渡しの1週間前くらいまでに、「施工不良・不具合がないか」について確認して、不具合があれば、引き渡しまでに補修を完了して引き渡してもらいます。また、内覧会(立ち会い)では新築一戸建てに付属する設備機器ついて使用方法の簡単な説明や取扱い上の注意点の説明を受けたりします。外回りの説明では、境界などを説明・確認を行います。境界鋲がまだ設置されていなかったら、決済までに設置してもらうようにしましょう。

「施工ミス・不具合がないか」の確認が一番の目的です。この内覧会のタイミングで、施工ミス・不具合について指摘し忘れたり、気付かずに引渡しを受けてしまった場合、後で不具合を指摘しても対応してもらえない可能性もあるので要注意です。

飯田グループの内覧会では、指摘した不具合について、引き渡しまでに補修して引き渡しすることになりますが、補修後、再度、直っているかどうかの確認を一緒にしたりすることはありません。現場の担当者が補修が完了しているか確認をした上で引き渡します。決済後(引き渡し後)すぐに、チェックして何かあれば、すぐに指摘した方がいいでしょう。

飯田グループでは、アフターサービスの窓口を営業店舗とは別に設けていますので、そちらに連絡するか、仲介してもらった営業マンもしくは、分譲会社の担当営業マンに連絡してもいいと思います。

気になるところがあれば、遠慮せず、とりあえず指摘しておきましょう。

戸建てもマンションも内覧会がある

内覧会は、新築一戸建て住宅も新築分譲マンションも同じように行います。新築一戸建ては、建売でも注文建築でも内覧会を行います。マンションの場合、戸数が多いので、一戸建てとは違って、一緒にチェックすると言うよりは、お客様自身が、決められた時間の中で、傷や不具合をチェックして行くような流れです。

新築一戸建てでは、住宅ローンの本審査のタイミングを見計らって、担当者から電話やメールで内覧会実施日について日程調整をしながら、進めていきます。

内覧会当日を迎えるまでの流れ

内覧のタイミングは、完成後、引き渡しの1週間前までには行います。内覧会の当日を迎えるまでの大きな流れとしては、契約後すぐに本審査の審査を行い、本審査の承認があれば、すぐに日程調整して、内覧会を行います。

日程的に間に合わないときは、本承認がおりていなくても立ち会いを段取りして行います。

契約締結後、すぐに本審査を行います。→本承認後、内覧会の日程を調整して内覧会(立ち会い)を行います。

もし、インスペクションを第3者にお願いする場合、立ち会いのタイミングでするのがベストかもしれません。例えば、立ち会いが終わった後にするといった感じです。インスペクションの内容によってかかる時間は違いますが、2時間から3時間くらいかかります。契約前にインスペクションをする注意点とすると、物件が止まっていない状況でインスペクションをすると無駄になる可能性があります。特に飯田グループの物件は、ローンの事前審査の承認を得て、契約日が確定され契約予定にならない限り、物件は止まっていません。タイミング的に契約前にするのはなかなか難しいところがあります。

インスペクションをしたい場合、前もって分譲会社の許可をとってからすることになります。

飯田グループの新築一戸建の場合の契約から内覧会までの流れ

飯田グループの新築一戸建ての契約から決済までの流れは、他の建て売り住宅よりも短いので、段取りをきっちりしておかないと間に合わなくなります。

契約から決済までが、3週間から4週間になります。1ヶ月以上かかることはありません。

1、契約後、すぐに住宅ローンの本審査スタート

2、基本は、本承認後、立会日となりますが、スケジュール的に厳しいときや間に合わない場合、住宅ローン承認前でも行います。基本的には、契約時、本承認のタイミングを予測して、立会日を決めてしまうのがいいと思います。

少なくとも決済の1週間前(もしくは10日前)には、立ち会いを行います。立ち会いから決済まで日がなさ過ぎると補修が間に合わない可能性があるためです。

立会日は、お客様の休みに合わせて、行います。

時間的には、1時間から1時間半くらいかかるのが、目安ですが、お客様によっては2~3時間以上かかることもあります。

住宅ローンの本審査の承認後、立ち会いの段取りをすると同時に表示登記の動きをしていきます。表示登記の必要書類については、契約時、住民票と印鑑証明を分譲会社の担当に預けておくとスムーズです。タイミング的に間に合うようであれば、立ち会いの時に、住民票・印鑑証明・賃貸契約書の写しを持ってきてもらうようなスケジュールでも大丈夫です。表示登記も決済前の1週間前には動かないと決済までに間に合いません。

表示登記で1週間くらいかかります。決済までに表示登記が完了していない場合、決済ができません。

新築一戸建て建売住宅の内覧会(立ち会い)の当日の流れ

次に、内覧会の当日の流れについて簡単にご説明させていただきます。

  1. 物件現地前で集合(現地集合・現地解散)
  2. 分譲会社から内覧の進め方等について説明
  3. 施工ミス、不具合、建て付け等のチェック・指摘、設備機器等の取扱い説明(飯田グループの内覧では同時に行います。)
  4. 飯田グループでは再確認はしません。建て売りの多くではしないことが多いです。

マンションの内覧会では、受付カウンターが用意されていて、最初にそこで受付を済ませるとスリッパとかがもらえます。その後、マンション全体の説明を受けてから、購入した住戸に移動して、内覧しますが、簡単な説明後、自分自身でチェックしていくことになります。

建売住宅内覧会(立ち会い)当日に用意しておきたい持ち物

内覧会の当日、用意しておきたい持ち物は以下になります。

  • メジャー
  • スリッパ
  • メモ帳・筆記用具・間取り図
  • チェックリスト

以上のものが、必須です。

メジャーは、内覧会(立ち会い)の時に家具やカーテンのためにいろいろな箇所を採寸したい人にとっては必須です。建売住宅では、カーテンレールはついていません。立ち会いの後、内覧が終わってから決済(引き渡し)まで、補修に入るので、中に入られるのがいやがるケースがあります。

スリッパは、用意が無いことが、多いので自ら準備しておいた方が無難です。

指摘箇所を記録しておくと、補修後の再チェックの際に役に立ちます。当日、間取り図に指摘箇所を書きこんでいくとわかりやすいです。引き渡し後、すぐに確認しましょう。

メモ帳や筆記用具は、指摘事項や気づいたことを書き留めておくために使います。重要な箇所では、スマホで写真を撮っておくことも大切です。

チェックリストは、何を見るべきか現場で確認したり思い出したりするときに必要です。はじめての内覧会なので、予定していたことを確認できなかったあるいは忘れてしまっていたということは多いかもしれません。

外壁の大きな傷、内装の施工に不具合がないか【必ずチェック】

最初に、外壁の大きな傷・部屋の中のフローリング等に大きな傷とかないかチェックしましょう。

指摘部分で多いのがクロスの隙間です。継ぎ目の部分に隙間があったりすることは、よくあることです。簡単に補修できますので指摘してください。クローゼットの中も必ずチェックしてください。クローゼット等を見るときには、実際に開け閉めしていただいて建て付けに問題がないかも確認してください。

ただし、実際に生活していると、すぐにできるような傷や汚れに関しては、そこまで意識する必要はありません。

部屋の中だけをみるのではなく、外回りのチェックも大切です。外壁であるサイデイングに目立つ汚れがついていることもあります。自分の手の届くところであれば、そのとき気づかなかったとしても自分でなんとかできますが、外壁の上の方だと、自分でなんとかするのは難しいと思いますので、外回りもきっちり確認しておいた方がいいと思います。

建具や設備機器はきちんと作動するか【必ずチェック】

クローゼットや引き出しは、実際、開け閉めしてみて自分で確認することが大切です。建て付けが悪い場合、指摘しておくと引き渡しまでに調整してくれます。
設備機器がきちんと作動するかの確認もできるものは、しておいた方がいいでしょう。 インターホン、換気扇、ベランダの物干し台など実際に触ってみて、動作確認は大切です。

その際、わからないことを聞いておくと、実際に使う時にも役立ちます。

内覧会時には小さなことに思えるかもしれませんが、スムーズに開閉できないことが、実際に生活する上では大きなストレスになる可能性があるので、気になることがあれば、指摘しておくといいと思います。

シンク・シャワーで水を流して水漏れも確認【必ずチェックする】

キッチンのシンクや浴室の水栓は、引き渡し前に一度は水を流しておいたほうがいいでしょう。

一度水を流しておくことで水漏れなどのチェックができ、引き渡し前に気づいておけば最適の状態で引き渡しを受けられます。

※シンク内に水滴がつきますが、タオルでしっかりふき取れば、きれいになりますので、気にせず流してみましょう。

水漏れしていないか床下点検口を確認

キッチンのあたりと洗面室のあたりに点検口が設けられていることが多く、試運転で水が流してみた後に、「点検口」を開けて中を見てみると、水漏れの状況を確認することができます。

引っ越した後に、お風呂が使えないということになれば、補修はしてくれるとしてもかなり面倒なことになるので、早めに確認しておく方がいいと思います。

点検口は、2カ所あります。キッチンと洗面室にあります。

すでに完成している建売住宅を購入する場合、施工不良や不具合以外は、現状有姿が基本

すでに完成していて、オープンハウス等行っている新築一戸建ても多いと思いますが、完成物件を購入する場合、オープンハウスなどで、ちょっと汚れがついているなどについては、現状のままになります。汚れているからと言って再度、洗いをかけてくれたりはしません。施工不良や不具合があったり、大きな傷がついていたりする場合は、補修してくれます。

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

未分類

貝野 勝弘をフォローする
代表者紹介
貝野 勝弘

【業界経験】不動産業界20年目です。
マンションデべロッパー、大手仲介会社(住友)、大手建売会社(飯田グループ)を経ておりますので、マンションから土地・戸建・収益まで納得いく選択をサポートします。生涯のパートナーを目指して頑張ります。

貝野 勝弘をフォローする
アーバンサイエンス

コメント

タイトルとURLをコピーしました